スポンサーリンク

未分類 高配当日本株

イオンリート投資法人[3292]の投資口価格と分配金の推移(2020年1月現在)

スポンサーリンク

 

イオンリート投資法人の特徴

 

イオンリート

イオンリート投資法人のホームページはこちら

イオンリート投資法人[3292]はその名の通りにイオンモールをはじめとした商業施設に特化したリートになっています。保有物件についても、2020年2月現在は全てがイオン、またはイオン系となったダイエー関係の施設となっているようです。日本国内だけでなく海外(マレーシア)にもイオンモールを展開しています。

イオンリート投資法人は、イオングループのショッピングセンターを保有物件として不動産投資を行うリートです。
不動産投資というと、オフィスビルやマンションへの投資を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、イオンリートが扱う物件は、普段からみなさまにご利用いただいているイオングループの大規模なショッピングセンターです。
リートのなかでも、みなさまの暮らしのすぐ近くにあるリートです。
※ホームページより抜粋

 

投資口価格の推移

 

yahooファイナンスより

yahooファイナンスより 最新の情報はこちら

 

2018年以降はリート市況が改善して右肩あがりに価格が上昇していきました。イオンリート投資法人も同様の動きとなっているようです。

スポンサーリンク

分配金の推移

イオンリート投資法人の分配金の推移状況です。

不動産情報投信ポータルより

不動産情報投信ポータルより最新情報はこちら

2018年以降は半期の分配金が3000円前後の金額で推移しています。分配金の金額が変わらずにリート価格が上昇しているので、分配金利回りは低下傾向になります。それでも約4%の利回りがあるのはなかなかだと思います。

2020年1月の予想分配金の3,025円で計算しますと、年間の分配金利回りは約4.1%になります。

以前はリート価格が低かったので、分配金利回りが5%を超えていた時期もあります。リートの場合はどうしても価格が上昇すると利回りが下がるという現象が起きてしまうのが悩ましいですね。株価が大きく下落している時でもリートはあまり下がらないこともありますので、リスクヘッジにはいいかもしれませんね。

 

私の保有数量と保有期間

私がイオンリート投資法人を購入したのが、2016年2月にPO(公募)で2口購入しました。

当時の購入価格が1口125190円で、現在の価格が146,500円(2/3現在)

2016年7月期から2019年7月期までの分配金の総額が19493円となります。(2020年1月期の分配金の権利も得ておりますので、合計で22500円程度になるかと思います。)

リートは安定的に分配金をもらえて、株式ほどは価格変動がないところがメリットかと思います。

余裕があれば買い増しも検討しております。


株式ランキング

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

torao

旅行好き40代の草食系男子のトラオ君です。 20年以上サラリーマン生活をしていましたが、家庭の事情で退社して家の仕事をしながら株式投資を実践しております。 株式の売買益や配当に加えて株主優待品をいただいて生活に役立てておりますので、そちらも合わせて紹介していきたいと思います。(笑) 名前:torao(トラオ) 東京都在住 旅行好きな40代自営業。 株式投資が大好き。 株主優待と配当金収入を重視した長期投資をめざしています。 【トラオの投資スタイル】 ●値上がり・配当・株主優待目的の長期投資 ●日本株にこだわらずに、アメリカ株、シンガポール株、中国株など

-未分類, 高配当日本株
-

スポンサーリンク

© 2021 株主優待・米国株投資のすすめ -目指せ目標2億円- Powered by AFFINGER5