スポンサーリンク

アメリカ株

アメリカ株の急成長銘柄 手術支援ロボット「ダビンチ」のインテュイティブ・サージカル【ISRG】Intuitive Surgical, Inc. (2019.6.30更新)

スポンサーリンク

・アメリカ株の急成長銘柄 Intuitive Surgical, Inc.(インテューイティブ・サージカル )【ISRG】

アメリカのニューヨーク株式市場の急成長銘柄 インテューイティブ・サージカルに投資しています。

ニューヨーク証券取引所のナスダックに上場しております。
医療機器関係の会社になります。


会社概要は下記の通りです。
インテュイティブ・サージカルは、米国の医療ロボットメーカーです。
内視鏡、内視鏡開創器具・解剖用器具、はさみ、外科用メス、鉗子、持針器、電気焼灼器、超音波カッター、その他の手術用具を製造しています。

主力製品は低侵襲外科手術用の内視鏡手術支援ロボット「ダ・ビンチ・サージカル・システム」。
カメラの付いたアームと3つの操作アーム(鉗子)を持つロボット部、外科医が実際の操作を行うコックピット、内視鏡画像を映し出すモニターの3つのパーツで構成されています。

この「ダ・ビンチ・サージカル・システム」(通称ダビンチ)がこの会社の収益の柱になっています。

この医療機器自体が数億円するものになりますが、それに伴う、消耗品などのメンテナンスによる収益が継続的に入ってくるので、売り上げがどんどん上がっております。


株価はここ1年くらいは500ドルを挟んだ展開となっていますね。(^_^;)

私は36株保有しております。(平均購入単価は約250USD)

yahooファイナンスより 最新の株価はこちら

Intuitive Surgical, Inc.(インテューイティブ・サージカル )【ISRG】
株   価  524.55USD(2019年6月28日現在)
予想配当   0USD(基本的に配当を出しません。)
配当利回り     0.00%   

スポンサーリンク


これだけ儲かっているのに何故配当を出さないか?
それは、アメリカの証券税制によるところもあるかと思います。

 

日本では株式の売却益、配当ともに20.315%の税金が引かれます。
それに対しアメリカでは、株式の売却益は非課税、配当は30%の税金が引かれます。
そのために、あえて配当金を出さずに、社内留保させたり自社株買いをするなどして、株価を上昇させることにより株主に対する還元を行っている企業は多いです。

(配当の30%の税金はアメリカ居住者に対してで,アメリカ非居住者に対してはW8BENという書類を提出すれば、現地での配当金の税金は10%になります。)


この銘柄は、高成長銘柄になります。
上場当時の2000年と比較して,17年間で株価は約85倍に上昇しています。
ここ数年がとくに株価の上昇が激しいですね。

株価も上場来高値を更新中なので、長期保有で考えております。

他のアメリカ株銘柄も紹介していきますね。

 ※アメリカ株式の配当金はアメリカ非居住者であれば現地で10%の源泉徴収があります。
そこからさらに日本で通常の日本株と同じように20.315%の税金が引かれます。
(確定申告の配当控除は外国株式にはありませんが、みなし外国税控除は受けられますよ。)
 


株式ランキング

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

torao

旅行好き40代の草食系男子のトラオ君です。 20年以上サラリーマン生活をしていましたが、家庭の事情で退社して家の仕事をしながら株式投資を実践しております。 株式の売買益や配当に加えて株主優待品をいただいて生活に役立てておりますので、そちらも合わせて紹介していきたいと思います。(笑) 名前:torao(トラオ) 東京都在住 旅行好きな40代自営業。 株式投資が大好き。 株主優待と配当金収入を重視した長期投資をめざしています。 【トラオの投資スタイル】 ●値上がり・配当・株主優待目的の長期投資 ●日本株にこだわらずに、アメリカ株、シンガポール株、中国株など

-アメリカ株

スポンサーリンク

© 2021 株主優待・米国株投資のすすめ -目指せ目標2億円- Powered by AFFINGER5